【ええ~】大塚慶輔コーチが7月再開の場合の首都圏外クラブとのコンディション差について語る。

大宮花伝による大塚慶輔フィジカルコーチへのロングインタビュー第二弾が公開。前回同様かなり突っ込んだ内容になっていましたので少しだけご紹介。

以下、抜粋して引用。

内容

中断期間のコンディションづくりに工夫をこらす大塚慶輔フィジカルコーチ。高木琢也監督ともコミュニケーションを取り合って策を練っている。大塚フィジカルコーチに話を聞いた。

– 大宮花伝:無料記事 –

前回に続いて必見の内容!

 

高木監督からの要望、海外クラブとの練習メニューの違いなどを話してくれています。4月の段階で既にコーチたち練習場に出て選手たちとコミュニケーションを取っている内容。メンタルケアなどを適切に行なうことで、スムーズに全体練習へ移行できる土台を作ってくれているようです。

 

今回のインタビューで伝わるのが、首都圏クラブはリーグ再開までの時間が足りないことへの懸念。少ない時間で戦術を落とし込むためにも、今の自主練習の間に選手自身でトップコンディションの状態に戻さなければならないため、選手の意識の差がこの先のスタメン争いの結果となって現れてきそうです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
ここまで話しちゃっていいものなんですかね?
         

3 件のコメント

  • 小難しい戦術なんかどうせ機能しやしないんだから、練習は基本スキルとフィジカルに特化しちゃえばいいよ。あとは、デュエルだろ。
    一人ひとりが、1対1で負けてちゃ意味ないんだよ。

  • 決まり事ができなくて負けるなら、叩いて走る部活サッカーやれば。難しくし過ぎなんじゃないか?