MF:奥抜侃志「サッカー選手として成長している感じが得られる」

新潟戦から4試合連続スタメン出場中のMF:奥抜侃志が封じられた千葉戦を振り返ってコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

「課題が見つかると楽しいし、それに向かってやるのは、サッカー選手として成長している感じが得られる」と前向きに捉え、トレーニングから向上を怠らない。最も得意なカットインするドリブルを警戒されている現状を踏まえ、取り組んでいるのは縦への仕掛け。もともと縦への突破には自信をもっているが、課題は突破後のプレー。居残りで左足のクロスを練習し、新たな武器とすべく鍛錬を重ねている。「石井さん(石井正忠監督)からもアドバイスをもらったりして、最初よりはいいボールを上げられるようになってきたと思う。フォームとか、腕の位置とかを教えてもらって、だいぶ感覚は変わりました」

– Blogola –

さすがに対策された千葉戦。しかし、本人もこうなることは薄々分かっているようで、弱点克服に前向きに取り組んでいるようです。

 

奥抜が今後も活躍するためにはもう1段階レベルアップしなければいけません。嶋田、河面、中村らから左足の使い方を盗んでほしい!

管理人のひとこと

所沢栗鼠
山形戦は先発するかな?
         

8 件のコメント

  • 皆で切磋琢磨して成長して欲しいね。
    アルディージャ戦で是非ともイニエスタ観たいからJ1復帰頼みます!

  • フィニッシュの精度、奥抜クンに限った課題じゃないね。
    練習から厳しく取り組まなきゃ。

  • アシスト、ゴールの結果がつくと、一段上になるが、まだまだだね。

  • 若手が頼もしい限りです。
    今年昇格しそうなユース選手は
    何人いるのですか?