FW:中野誠也、大宮移籍の決め手は目標への危機感と爆発的な成長を求めて!

オフにジュビロ磐田から大宮アルディージャに加入したFW:中野誠也。今回の移籍の経緯と想いを、磐田のチームメイトで同郷の大先輩でもあるMF:山田大記選手との対談で話していましたので書き起こしてご紹介。

内容

山田:移籍の決め手になったのは何だったの?

中野:磐田に残るという選択肢もあった。でも日本代表や海外移籍を目標としている中、大卒で入ってもがき続けた3年間だった。昨年ある程度は活躍できたけど、自分の成長曲線的にもっと爆発的に上げていかないと、自分の目標にとするものにたどり着くためには、なにか自分の中で変化を加えないといけないと正直思っていた。自分のことを分かってくれている磐田に残って結果を出していくのもいいとは思ったけど、新しい環境で新しい人たちと根本から違う考え方のところに身を置くほうが、賭けかもしれないが、爆発的に成長する可能性があるなと思った。で実際に大宮からも話が来て話を聞いて、深く考えて、勝負する価値があると思えたのが大宮だった。

Youtube

2019年の岡山レンタル時代には全治6ヶ月の大怪我もしており、相当な危機感がある。悩む中、いくつか来た獲得オファーの中から、自分が一番成長できると思った大宮を選んでくれたんですね。

対談相手の山田選手はプロ3年目には磐田での活躍が評価されてA代表に選出、4年目の夏には海外移籍を果たしており、同じ大卒スタートの中野が焦るのは当然の流れ。

彼の想いに答えるためにも、今季こそなんとしても昇格を…。

ひとこと

所沢栗鼠

爆発してJ1昇格を手土産に海外移籍しちゃっていいからね!

15 件のコメント

  • 大前も似たような事言って移籍したけど結局パッとせず。
    最近の大宮で爆発的な成長をしたのはマテウスくらいしか思い当たりませんが・・・

  • 代表や海外移籍が目標なら、なぜその実績がない大宮なのだろうか?
    賭け?勝負?成長?
    年俸と出場機会を求めたというのが、本当のところだろう。
    昇格に導く活躍をしてくれれば、何でもいいけど。
    大宮に染まるなよな。

  • コメントを残す