主将MF:三門雄大が全体練習再開後の感想とやるべきことについて語る。

本日からついに全体練習を再開したアルディージャ。練習後、主将MF:三門雄大がサッカーマガジンへコメントしていましたのでご紹介。

以下、抜粋して引用。

内容

 2カ月ぶりの全体練習に臨み、リーグ再開日も決まった。やるべきことは整理されている。

「とにかくまずはチーム全員で新型コロナウイルスにかからず、再開を迎えられることが一番だと思っています。夏場の再開ということもあって(すぐに)連戦もありますし、誰か一人でも欠けてしまうと、乗り切るのが非常に難しくなってくる。イレギュラーなシーズンなので何が起こるか分からないですし、今季は降格がないことを考えると相手がどうやってサッカーしてくるか分からないところもあります。ただ、相手どうこうというよりも、まずは自分たちが再開までの3週間でコンディションをしっかり戻していくことが大事になる」

– サッカーマガジン –

まずは3週間でコンディションをどうやって戻すか…そして感染をどうやって防ぐか…名古屋:金崎選手のように練習再開後に発症した例もあります。だれも発症せずになんとか27日を迎えたい。

 

そしてひとつ前の富山のコメントにもありますが、守備も攻撃も課題は山積み。3週間でどこまで詰めれるか、選手たちの理解力も問われそうです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
なんとか支援できないかなー。
         

1 個のコメント

  • 小難しい戦術云々より、ゴール前で落ち着いてシュートを入れる練習すればいいんじゃないの!?
    どんなに戦術練習しても、相手によっては全然機能しないんだから。