クラブ史上初めてのダイナミックプライシング前期対象は磐田と松本!

arrow

既にJ1で始まっている価格変動チケット=ダイナミックプライシング。大宮アルディージャも今季より導入、前期対象はジュビロ磐田戦と松本山雅FC戦とのこと。

以下、抜粋して引用。

内容

2020明治安田生命J2リーグの日程発表を受けて、前期(第30節まで)のプレミアム対象対象試合をお知らせします。前期の対象試合は以下の2試合となります。

■プレミアム価格対象試合
・第3節 3月7日(土) 14:00キックオフ ジュビロ磐田戦
・第11節 4月25日(土) 14:00キックオフ 松本山雅FC戦
※会場はいずれもNACK5スタジアム大宮です。

– 大宮アルディージャ –

2チームの観客動員数を考えると適正な相手でしょう。ホーム開幕徳島戦は対象外なのが意外。

 

後期は決まっていませんが、好調なら千葉と山形、あとは大宮次第で最終の栃木戦が対象になりそうな予感。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
買えないぐらい優勝争いしてほしい!
arrow
         

13 件のコメント

  • まあクラブ経営を考えたら当然か。
    自然とお客さんが入る試合は価格変動でもいいと思うし。
    ただファンクラブ会員の割引チケットはもう少し緩和してほしいなあ。。

  • プロ野球のチケット販売の真似か。
    J1でもない、J2の2部リーグでチケットの価格帯をつけるか。

  • ビジター動員力がキモだよね、栃木は論外だろう、新潟、甲府位じゃね。

  • シーズンシートの招待券も、チケットの割引券に変わったし、今年からいろいろ変わりますね。

  • バクスタ自由のアウェイ寄りのブロックは、アウェイ動員多い試合はよくジャックされるからなぁ……。
    周りが殆ど、ボードの人文字に参加者しない、チャント歌わない、全員配布の手旗振らないと思ったら、試合後のアウェイ選手のゴル裏挨拶時にスタンディングオベイション、なるほどねと。
    まぁ、ゴル裏以外を埋められない大宮サポのせいでもあるが。

  • タダ券で入り込んだ客が、平然とメインS席に座り、見て見ぬふりのスタッフ

    何年こんなことをすれば気が済むのか?

    所澤さんには、煽って欲しくないね!

  • 前期J1の相手というだけで、設定された感じだな。
    当然、アウェイサポにも適用されるんだよね。
    相手チームが大宮戦に設定したらイヤだな。
    お花畑サポーターズは従順だから、おいしい客だろ。やられそう。
    あ、もうやられてるか?

  • シーズンシートとファンクラグ特典の無料券もなくなったし、試合内容でお客さんがよべるという、決意のあらわれですね!