【J2も3年目】大宮アルディージャ主力流出の危機到来!?

J2残留が決まった大宮アルディージャ。主力選手流出の危機との報道が出ました。

以下、抜粋して引用。

内容

J1参入プレーオフ(PO)で敗退したJ2大宮が、主力流出の危機を迎えている。(中略)(来季のJ1昇格に向けて課題克服以上に懸念されているのは戦力ダウンだ。あるJ1クラブの強化担当は「(大宮は)J1経験者も多い。興味を示すチーム(J1クラブ)もあるのでは」と指摘する。元日本代表FW大前元紀(29)、スペイン1部バルセロナ下部組織出身のMFダビド・バブンスキー(25)、MF茨田陽生(28)、MFイッペイ・シノヅカ(24)、FWロビン・シモビッチ(28)らがターゲットになりそうだ。(中略)J2で3季目となれば、より高い舞台を求めて移籍を志願する選手が続出するとみられている。果たして貴重な戦力を慰留できるか。

– 東スポWeb –

う~ん…大前が主力?

 

真っ先に狙われる(もはや諦めの境地)河面がいないし…。バブンスキー、シモヴィッチも退団したら痛いけど、いなきゃいないでなんとかなりそうな選手でもあります。この中で抜けたら痛いのは茨田とイッペイだけでしょう。適当な記事だな…。

 

J2も3年目、高額なサラリーや上位カテゴリを望む選手を引き止めることはできない、下部上がりを中心とした大幅な若返りで乗り切るしかないですね。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
どれだけ残せるか…。
         

18 件のコメント

  • 高木監督で行くならば、奥抜、黒川のシャドーを見てみたいな。
    今年の起用をみると、残留して欲しい選手は、ファンマ、イッペイ、奥井、櫛引、畑尾、河面、三門、石川、茨田、小島、笠原あたりか。
    今年足りなかったところは、監督はわかっていると思うので的確な補強をして欲しい。

  • Yahooニュースや5chの新着記事に脊髄反射のようにいちいち反応しなくてもいいのに
    ただ高木監督続投でいくのならば(当然といえば当然ですが)得点力のある2シャドーの獲得は必須。

  • 外国籍3トップで昇格目指した方が楽だと思うけど…
    OM・KK・FA・SM・SK・BBは今年までで大丈夫かと思います。
    またダラダラ切らないフロントだと思うけど…

  • 良い選手を獲得して育てても他チームからオファーがあるとホイホイと出ていかれてしまうチームの体質、これを何とかしないとスター選手が育たないし、強くなれない。
    選手にとって魅力的なチーム作り、フロントの課題だと思うのだが。

  • 練習観ていて思うのは、攻撃練習に対するCBが慎、中村、高山とかだよ。
    楽にシュート打てる練習相手だから、試合になれば練習の成果出ない。
    練習相手のレベルもアップしないとダメ。

  • むしろ同じだったらヤバい。まあこいつ使えんの?と思われて活躍した選手は大勢いるし、殆どのFWは大前より実績無いから余裕で移籍出来るでしょ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。