大宮での5年目シーズンでの成長と変化を語るMF:大山啓輔

本日埼玉新聞にMF:大山啓輔についてのロングインタビューが掲載。そのなかで大宮での5年目シーズンでの成長と変化を語っていました。

以下、抜粋して引用。

内容

―昨季はちょうど5年目。成長を感じた部分は。

 「監督、スタッフ陣も変わって、やりたいサッカーも今までのボールを握ってポゼッションというスタイルから縦に速く推進力を全面に出していくサッカーに変わりつつあった。あまり今までやってきたことのないサッカーだったので最初は戸惑ったけれど、どうにか適応して試合に使ってもらおうという試行錯誤をしていく中で今まで自分に足りなかった強さやタフさに意識して取り組めた」 

 ―立場も変わってきたことへの意識の変化は。

 「危機感は今まで以上にあった。4年間やってきてそこまで試合に満足いくほど絡めたシーズンはなかったし、5年目という響きは自分の中では若手ではないからチームに何か残さなきゃいけない、チームの中心になるようなプレーをしなきゃいけないという思いがあって、緊張感と『今年できなかったら厳しいな』というくらいの気持ちでシーズンに入った。だから、開幕から数試合出られない状況が続いた中でも、その気持ちを持ち続けながらやれたことはポジションを与えてもらってプレーし続けられたことにつながった」

– 埼玉新聞 –

開幕から連戦の熊本戦以外はベンチスタートだった大山。必死で足りなかったものを身に着け、茨田が石井監督のサッカーに苦しむなかで山口戦でスタメンを掴むと以降、すべての試合でスタメンの座を守り続けました。

 

大山も今季は小島と石川という強力なライバルも加入しており地位は盤石ではありません。ボランチは今季は高い競争がみることができそうです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
CBもこれぐらいの意識でスタメンをとってほしいなぁ。
         

12 件のコメント

  • サッカーは監督が変わればやり方も変わる。それに対応しようと努力する大山選手好きだよ。チーム状態が良くないとき前へのパスが少なくて叩かれたけど、回りが見えてる選手だと思う。頑張って下さい。

  • 確実に成長してる選手。派手さはないが体がもっと強くなればいぶし銀の選手になるかも。

  • 大宮の生え抜きは大成しないといけません。まだまだですね。

  • 昇格したけりゃあと一人強烈なストライカーがいるよ。あとGK、強いチームは良いGKがいるからね。海外の名将は良いGKがいないと監督やりたがらない人もいる。

  • 高木監督でしょ、そこそこお金あるでしょ、西脇さん次第だよ。 

  • この記事に関しては書く事は無い。大山、今年も走り捲れ!って事ぐらいかな。

    それはそれとて、所沢さんよ、大宮関連の小ネタならネットガセでもアップするアンタらしくないな。
    今季からJ2に昇格したFC琉球の播戸選手が契約満了になったんだよ。もうこれは去年末の事だよ。
    播戸は外様だったからスルーするのかい?

  • 正直なところ、本当に残ってくれて良かったと思う。
    それ位、去年は成長が見られた選手。
    今年はライバルが沢山いるけど、自分の良い所を伸ばして頑張って欲しい!

  • 「大宮はお金があるからフロント次第でいい選手を連れてこれる。」
    サポーターがこういう考えでいる間は、いい結果なんて残せないと思うけどね。

  • ボランチに拘らずに、もっとユーティリティにこなせれば、
    よりチームに貢献できる選手。
    来年もボールを追い回してほしい。

  • ユース信者に過大評価されてるが、どこからも移籍の話もなかったんでしょ

  • 口先だけの選手。
    ユース出身という立場に甘えすぎ。
    ぬる過ぎる。