石井正忠監督「大前元紀の月間MVP受賞はコンディション改善が大きい」

チームを率いる石井正忠監督がFW:大前元紀の月間MVP受賞理由について語りました。

以下、抜粋して引用。

内容

石井正忠監督は「ゲームメークから得点のところまで、あとは守備でのFWのプレッシャーの掛け方も、攻守にわたってゲーム全体に影響力のある選手になってきた。彼がこのタイミングで獲るべき賞だったと思います」とエースの受賞を称え、復活劇の要因にも言及した。「彼は技術も判断も非常にいい。だから本人もシーズン前に言っていましたが、まずはコンディションの部分が大きいんじゃないかと思います。そこが昨年に比べて変わった。もともとのレベルは高いものがあるので、いい状態でゲームに向かうための、彼の努力というところだと思います」

– エル・ゴラッソ –

やっぱコンディションか〜。昨年の渋谷→伊藤体制下では明らかに重そうでしたから…。

 

今季の大宮は彼がいないと成り立ちません。7月も暴れまわってほしいものですね!

管理人のひとこと

所沢栗鼠
昨年は何だったんだろう。
         

7 件のコメント

  • 本人も苦しかった分、嬉しいでしょうね。
    我々も精一杯応援するのみ
    ONE勝利のために ‼︎

  • シーズン単位のコンディションの波がある選手は使いづらい。だからアルディージャにいるんだろ。その程度の選手。

  • 今年好調の要因は、フィジコのお陰かと思います。今年は、身体がキレていますし、90分走れています。まだまだ取りますよ‼️

  • 昨年は大宮の顔になりつつあったが結局大宮の癌だった江坂がいて、彼に気を使っていたのでは?責任感責任感と綺麗事を言って結局は自分の成績しか考えていない選手が中心のチームでしたからね。そんな選手を素人監督の伊藤も大好きでしたからね。
    そんなチーム状況では流石の大前元紀も厳しかったのでは?加入1年目ってこともあったしね。

  • 本人の自覚。
    それを植え付けた指導者の指導力の賜物だね。
    継続できれば結果は付いてくる。
    ということだね。