長野戦について石井正忠監督「いい形をリーグ戦でもつなげられたら」

天皇杯・長野戦を振り返って石井正忠監督がリーグ戦に生かしたいものをコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

「なかなかゴールには結びつきませんでしたが、攻撃時、相手陣内でボールをもったときの距離感のよさというのは非常にあったかなと。その連動性もすごくあって、ボックス内に進入する形はリーグのときよりもあった。それをまたリーグ戦でも、チーム全体のやり方としてつなげてもらいたいなというふうに思っています」

– Blogola –

そう・・・なのかな。

 

見ていないのでなんとも言えないけど、そう甘いものではないと思うのは私だけでしょうか。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
横浜戦でそのプレーを見せてくれ!
         

4 件のコメント

  • サポーターなんて見てサッカーを学んだクチだから、わかんね~んだろうな。本当、簡単に言うよ。