FW:大前元紀「時間帯が早かったのでプレッシャーがなかった」

FW:大前元紀が栃木SC戦で決勝点となった前半のPK弾についてコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

試合終了後のインタビューで大前は、「最近なかなか勝てていなかった。サポーターに勝ち点3を届けられて良かった。(PKは)時間帯も早かったし、プレッシャーはなかった。うまく決められた。PKでも先制できたのは良かった。2点目が取れるようにやっていきたい。まだまだ点が取れるシーンがあるので、満足しないでどんどん点を取っていきたい」と語った。

– ゲキサカ –

早い時間帯だったのが功を奏しましたね、あれが0−0で後半ロスタイムとかだったら・・・。((;゜Д゜)))

 

大前自身も言ってましたがPK以外にもチャンスは沢山あった。今度は決めきってもっと守備陣を助けてもらいたいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
次はPK以外でゴールを頼むぞ!
         

7 件のコメント

  • 栃木戦じゃないけど岐阜戦のマテウスの高速クロスからの元紀のボレーは決めて欲しかった。

  • 去年は渋谷⇛伊藤に干された。石井監督になったら復活した。これから伸びるな。逆にシモビッチが取れない。大前以外にはマテウス、嶋田位。他にいない。適応力が無いな。
    分析も必要。分析し精度の精査が必要。シュートは打てるけど枠外を減らす。

  • 入念な準備が必要。次の次の次の次の次。まで考えてやるのが普通だと思う。やらやなければいけないよな。

  • シモビッチは去年の得点実績もあるし、相手DFがあれだけマークしていたら
    なかなか難しいよ。相手マークを分散させないと。

  • 貪欲にゴールを狙ってほしい。
    そして、シュートは枠に飛ばしてくれ。
    練習から厳しく突き詰めて。