ズデンコ・ベルデニック元監督「当時も今も大宮サポーターに感謝している」

ズデンコ・ベルデニック氏のロングインタビュー2回目。大宮ファン・サポーターについてと解任後と現在について話してくれています。

以下、翻訳して引用。

内容

大宮ファン・サポーターについて

Q:当時の大宮ファン・サポーターはあなたの解任に対してどのような反応をみせたのですか?

 

私はいまでも彼らに感謝しています。大宮のファン・サポーターは独特でした。敗北しても彼らは感情的にならず、継続して熱狂的に応援してくれた。

 

私が去ると決まったときも、彼らは外部から必死に反対の声を上げてくれた。今でも彼らが私のことを愛してくれてると感じています。

 

しかし、残念ながら私は彼らの想いに応えることはできませんでした。なぜならクラブの経営陣はすべてを決定する者であり、私はその決定に従わなければなりません。

– siol.net –

ありがとう…。(泣)

 

解任後について

Q:あなたが大宮を解任され帰国後、このことについてのコメントを基本的に拒否していました。それはなぜですか?

 

監督職は解任されたが、私はしばらく大宮との雇用関係にあり、解任に至る一連のできごとについて公式にコメントすることはできませんでした。

 

しかし、日本では代わりの日本人監督がすぐに就任し、私がスロベニアで行う仕事はなにもなかった。

「私の仕事は一連の解任劇についてを日本のメディアに話さないことだけ」でした。日本はスポーツクラブのイメージをとても大事にする国だからです。

 

スロベニアでは解任されたらメディアを巻き込んでなんでも話すのにね。(笑)

帰国後に1つだけ記事はでましたが、基本それぐらいであとは一切コメントは出ませんでした。

大方の予想通り、残りの契約期間に違約金を払っていたからだったんですねぇ。

 

近況について

Q:今は雇用関係上もなくなったのに、スロベニアで現場復帰していませんね?

 

私は別のクラブを率いる想いをはあったが、どこからも私にオファーがなかった。私は自分から売込みには行きませんので。

 

なぜ国内クラブからオファーがないのかは分からない。ただ、スロベニアサッカーファンからは代表を率いた時(1998年)に悪い結果だったことが影響しているのかもしれません。

 

(以下:スロベニアA代表について語っていますので省略)

70歳近い代表監督経験者ですからねぇ、日本でいえば加茂元監督がJリーグの監督をやるようなものですからさすがに…。

 

管理人のひとこと

所沢栗鼠
唯一無二の監督。また日本に来てくれないかな。
         

6 件のコメント

  • 2013年に頂上から見たJリーグの景色は良かったな…
    毎試合,寝ても大宮を歌うんで「もうやらなくていいよ!」って思ったものだ。またあんな時代が来ることはあるのかな?

  • 無敗記録の新記録を達成した埼玉ダービーでの、寝ても大宮は最高に気持ち良かった。
    18戦無敗だったかな。
    寝ても大宮のあと、スタンドから身を乗り出して「俺たち埼玉No. 1!俺たち埼玉No. 1!」って叫んでたサポーターのことが、すごく印象に残っている。

  • ズデンコ氏には感謝しています。前年降格危機の時に監督を引き受けてくれ、二名の助っ人を連れてきてくれました。ズデンコ氏は大宮アルディージャ最高の監督と思っています。結果を残した監督として。渋谷さんも含めて。貴重な情報ありがとうございました。

  • この人が優勝をもたらしていたら大宮はもっと違うチームだったとおもうなー

  • こちらこそ感謝しております。
    そして、申し訳なく思っております。