ノヴァ大活躍でケルンは彼の来季の処遇を悩む

bild-nova

スロベニア代表で活躍しまくるノヴァ。最近の大活躍を見てケルン首脳もノヴァを放っておけなくなり、来年の4部:ヴィクトリア・ケルンへのレンタル放出するかどうかを悩み始めているようです。(いつも情報ありがとうございます)

ビクトリア・ケルンは、今オフ後のストライカー獲得を熱望
シュマートケはノヴァの扱いをポーカーのように悩む!

 

本日、ミリヴォイエ・ノヴァコヴィッチ(34)は、彼の選手として最後のW杯出場のチャンスをつかむため、スイスでスロベニア代表として戦う。彼の所属するFCケルンは、彼の個人的な将来のためギャンブルを行おうとしている。

 

FCは彼の値段交渉をノロノロと始めた、これは非常に失礼な話です!
その元凶はマネージャー:イェルク・シュマートケである。

日本でのノヴァの契約期間(2013年12月31日まで)が終了次第、4部ヴィクトリア・ケルンは彼を雇うことになっている。「チャンスがあるならそれは調査する必要がある。これは、マイク・ヴンダーリッヒ(元ケルンで現在Vケルン所属)の件に非常に類似している。」ビクトリア・ケルンのボス:フランツ・ヨーゼフ・ウェンツェは言う。「彼の獲得には現在の彼のプレーの好調に多くの要因があり、そしてFCケルンの長期計画の一環でもある。」

ビクトリア・ケルンは、キャリアの後も仕事をしてスロベニアのストライカーを魅了しています。ウェンツェ:「我々は彼を獲得するため、合理的なポジションを見つけるだろう。」

このようにノヴァはまるでポーカーのように扱われている。 彼は正式にまだFCケルンの選手の1人です。日本の1部リーグ:大宮アルディージャとの彼のレンタル契約は年末に期限が切れる。

 

シュマートケによる、このノヴァの件への反応:

「ノヴァについては誰もが話題にしています。 彼が現在ケルンに所属していることは事実です。誰もが彼について何かを言うが、それについて私たちはまだ誰とも交渉をしていない!こういうことはじっくり行うべき問題だ、あなた方は選手たちについて、我々より精通しているようですけどね。(皮肉)」

 

しかし、実際には次のとおりである。

ノヴァはケルン加入のチャンスを持っている – たとえ半年間でも。

 

シュマートケ:「私たちはこの問題について関与する必要があり、おそらく私達は解決策を見つけることができるでしょう。私は10月末までにはノヴァと電話で話をして、彼の彼の将来について彼と話をします​​。」

 

しかし、本当にノヴァは4部リーグで選手を続けたいと思うだろうか?

– Bild –

というわけで、あくまでもケルンにとってノヴァは放出対象選手ですが、「4部のクラブに売るよりもっと高く売れるんじゃないか?」と考えて始めているようです。ただヴィクトリア・ケルンの社長?は元ケルンの偉い人だったようで、その人がノヴァを強く要求しているため悩んでいるみたい。記者はFCケルンの歴代最多ゴール選手が絶好調なのに、なんで4部なんかに放出することが前提なんだ?と怒っているようですねー。

 

そしてノヴァとの契約は12月31日までというのがハッキリしました。もし天皇杯が決勝まで行けた場合は契約の延長が必要みたいです。ひとまずノヴァのプレーが日本で見れるのは、今シーズン終了まで!それまでに彼からサッカーに関することをたくさん吸収したいですね。

bild-nova