今季J1セーブランキング:セーブ率とキャッチ数で加藤順大が1位!

nobuhiro

今季も大活躍したGK:加藤順大。なんとJ1でセーブ率、セーブキャッチ率でトップだったことが明らかになりました。

以下、Football Lab より抜粋して引用。

内容

見逃せないのが加藤順大だ。故障の影響で試合数が伸びず、セーブ数では下位となっているものの、セーブ率、セーブキャッチ率の両方でトップ。1試合あたりの平均失点数も西川周作に次ぐ2位と、飛び抜けた数字を記録した。来季はフル稼働を期待したい。

– Football lab –

今季開幕出場こそ逃したものの広島戦の大敗でポジションを奪取。以降は、2nd6節までリーグ戦では先発し続け、躍進に繋がるビッグセーブを連発しました。個人的には1st鹿島戦の鬼のようなセービングが印象に残っております。

ただ、喜んでばかりもいられず、むしろさいたまダービーの2試合や1st神戸戦など、以前から指摘されていたハイボールが弱点ということが知れ渡るようになっているのは見逃せません。

来季はより狙ってくるであろう高さ対応に、どれだけ対策できるかが大きなポイントになってきそうです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
来季の正守護神ははたして誰になるのかな。
nobuhiro
         

1 個のコメント