今季夏に大分に移籍したラドンチッチ、シーズン中なのに怪我で契約解除!

radon

昨オフに水原三星より大宮に加入したものの、鳴かず飛ばずで夏に大分へと完全移籍したジェナン・ラドンチッチ選手。なんと双方合意のもと契約解除になった模様!

以下、大分トリニータの公式より抜粋して転載…。

内容

この度、ラドンチッチ選手の負傷に伴い、選手と協議の上、退団することで合意いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

【コメント】
「J1昇格に向けて重要な時に、クラブを離れることになりました。サポーターをはじめ、選手、スタッフ、会社の皆様にご迷惑をおかけすることを心よりお詫び申し上げます。自身の将来を考えて、膝の手術をしたいという私の意見を尊重していただくことになりました。

– 大分トリニータ –

ラドンチッチ選手は 7/8 に大分に加入し瞬く間にスタメンとなり4ゴールを挙げる活躍、しかし 9/6 の熊本戦から謎の欠場が続いており心配されていました。

 

なんとなく退団の香りはしていましたが、まさかシーズン中で解除とは…。契約を解除できたということは大分とは半年間の契約だったことがほぼ確定。やっぱり大宮は破格の値段で彼を放出したことも分かってしまいましたね。

 

おそらく既に韓国か中東あたりのチームから引き合いが来ていて、来季を見据えてこの決断をしたのでしょう。あれだけの選手ですから、どこでも活躍できるでしょう。

 

がんばれよ~ラドン!!

radon