大宮ユースDF高山和真とMF:小島幹敏の来季トップ昇格内定!

rankup

各Jクラブで来季入団者が続々と発表される中、我らの大宮アルディージャはユースから2名昇格される模様! 以下、埼玉新聞より抜粋して引用。

内容

 大宮ユースのDF高山和真(18)とMF小島幹敏(18)の2人のトップ昇格が内定したことが7日、分かった。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

高山選手の特徴ですが、

「決して大型ではないが、跳躍力の高さを活かしたヘディングで相手攻撃陣をシャットアウトするCB。守備面だけでも魅力のある選手だが、より目を惹くのは組み立て能力の高さ。正確な左足キックで前線へのクサビやロングフィードを展開し、攻撃の起点となる」

– ゲキサカ –

何となくですが、横山みたいなCBみたいですね。ただCBは菊地、祥平、横山、片岡、福田、藤井と明らかに供給過剰。来季は藤井 or 福田をレンタルで出すのか?

 

もう1人の小島選手は左利きで主なポジションはSHやDHとのこと。DHは大山がいるのでSHになるのかな。まずはマテウスがライバルになるのでしょう。

 

先々週対戦した清水の水谷、三浦弦、ブエノ選手らは同じ年齢ながら既に公式戦に出場し、堂々たるプレーを見せています。選手は試合に出ないと伸びない。出場機会が無いのであれば、J2、J3にレンタルで出して武者修行させてあげたいですね。

rankup