琉球戦は勝点1狙い?相手選手が試合で感じた大宮の狙い。

スコアレスドローに終わったアウェイFC琉球戦。相手選手が試合で感じた大宮の狙いが大宮花伝に掲載されていましたのでご紹介。

内容

“天敵”の琉球との戦いはスコアレスドローだった。黒川淳史は「相手は5連勝していて勢いがあるチーム。アウェーで少し変わった雰囲気や気候だったなかでチームとしてまとまって90分間を戦えた」と振り返る。連勝記録更新を阻止し、毎試合得点の琉球を完封した。

大宮花伝

引用しませんが、

・暑さと遠方アウェイという悪条件なので勝点1狙いの守備ブロック

・上記をふまえてボールは無理に保持してない

といった感じを受けたと相手選手のコメントが載っていました。

西村も公式にコメントしてますが、「後半は相手のボールを持つ時間が増えても慌てないで最後のところで体を張ったり、全体的にプッシュアップしたりすることができていた」とあるので、前半に飛ばしたぶん、後半は無理に追わずにしっかり引いて守ることが狙いだったようですね。

琉球DF:田中選手のコメント

ひとこと

所沢栗鼠

秋田戦はどうなるか?

17 件のコメント

  • 前半、とばしてた???
    勝ちに拘るんじゃないの???
    早くも公約反古かい!?
    今季も口先だけなんだな。

  • この勝ち点1が大きかったと最後に笑いたい。現実に即したしたたかな戦術、嫌いじゃない。今はまだイワケンを信じようじゃありませんか!

  • チームがしっかりと目的を定め、その手段として442リトリートが有効に機能したわけですね。

    442リトリートが上位チーム相手に1つの成果を上げたのに、例のあの方が行方不明というのは何とも皮肉というか・・・w

  • 昔のアルディージャは、とにかく弱いと言うのを自覚していて、堅守速攻を磨いていました。なので、調子がイマイチの時はここに立ち返ると言うのは、有りだと思います。と言うか、ここだけは何時でも出来ると言う状態にしておかないとアルディージャでは無いと思います。色々な戦術にトライするのは非常に良いと思いますが、堅守を忘れちゃう様ならば、それはトライしない方が良いと思う。それは、そんなに器用ではない、成熟していないチームだと言うことだから。身の丈にあった強化を着実にやって欲しいと思います。頑張れ、アルディージャ✊‼️

  • 2021年4月6日 9:58 AM

    おい、俺は行方不明じゃねーぞ。前回の天皇杯の記事にコメントしてんだけど。

    あと、所沢さん、最近妙にネガティブだけど、病んでる・・・?

    何か、病んでる感あるんだよね、所沢。

  • J1に10年居られたことが夢物語なのであって大宮アルディージャは昔から強いチームではない。
    ギリギリで残留することしか出来なかったチームなんだからJ1に定着してないというか定着できたことないよ。
    勘違いしてる人が多すぎる。
    家長がいてたまたま勝ち続けられたシーズンに見始めた人が多いんだろうね。
    4-4-2で守って守って結局守りきれなくて負けてた時から見てる人は今の状況に何も感じないだろうね。これが当たり前だったんだから。
    琉球戦は強い相手を0で抑えられた。その程度だよ。
    何をそんなに騒いでるのか理解不能。

  • 堅守速攻多いに結構。
    でも、速攻チャンスでバックパス??
    自信なさすぎだろ。
    どこかでリスク冒してチャレンジしなきゃ、毎試合スコアレスドローだぞ。
    現実的過ぎると、勝ち点は積み上がらないし、そもそも見ててつまらない。

  • 優勝を抜き狙うチームは全試合での勝利を目指す。残留を目指すチームは勝利より無敗を目指す。アルディージャの立ち位置は明白。

  • ポゼッション。堅守速攻。形から入るの好きだよね。駄目なチーム程、形から入る。やりたがる監督が多いよ、でも勝てないんだよ。少しウンザリ。

  • 別に形から入ってるわけじゃないんじゃないの?
    一言で解りやすい言葉を使ってるだけでしょ。
    90分間やりつづけてるわけでもないし。
    言葉だけ取り上げるもんじゃないよ。

  • 10年 J1にいたじゃないか。ギリギリだろうと何だろうと。
    今、J2に4年めだから嫌なんだよ。
    二度めの降格だし。
    何とかしろと思うんだよ。

  • コメントを残す