2021天皇杯組み合わせ発表、初戦はアウェイでジェフユナイテッド千葉と対決!

tennouhai

琉球戦の前日に今年行われる第101回天皇杯の4回戦までの組み合わせが発表。それによると大宮アルディージャはJ1:川崎フロンターレが居るブロックに入り、ジェフユナイテッド千葉との対戦となりました。

以下、抜粋して引用。

内容

■大会名
天皇杯 JFA 第101回 全日本サッカー選手権大会

■2回戦
□対戦相手
ジェフユナイテッド市原・千葉

□開催日時
6月9日(水) 19:00キックオフ

□会場
フクダ電子アリーナ

大宮アルディージャ

というわけで2年ぶりの天皇杯初戦は平日ナイター千葉戦となりました。今のところの日程では6月6日(日)昼でアウェイ金沢戦→この試合→6月13日(日)夜でホーム栃木戦という予定。中3日なので控え主体で挑むのでしょうね。

できればNACK開催が良かったですが、どうやら今回の天皇杯の組み合わせはコロナ禍のためか近隣地域同士で組まれてはいますが厳しいスケジュール(琉球や岡山)もありますので、勝っても負けても負担の少ない近郊のA千葉で良かったと思います。

そして勝ったら絶対王者:川崎Fとの対戦…。

管理人のひとこと

所沢栗鼠

相模原戦みたいなメンバーになるのかな?

11 件のコメント

  • ボクシングの亀田興毅が何で強かったか、わかるか?粘り強く守備がキッチリしてるからだ。亀田は堅くガードを固めて、チャンスに一気に速攻で畳みかける。

    この間の試合は決して大宮の攻撃力が上がった訳ではない。守備がキッチリしてたから自ずと攻撃に連鎖できただけ。結局は堅守少失点のチームがJ1へ昇格していく。攻撃的戦術で勝ち残れるのは僅かなチームだけ。いくら攻め上がって攻撃した所でそれ以上に失点しまえば無意味。余計な戦術に頼らず、シンプルに実直にハードワークで堅守徹底して失点をしないことがJ1昇格に繋がる。

    ハイプレスは体力消耗が激しい。リトリートで粘り強くアグレッシブに守り、カウンターで一気に速攻を仕掛ける。このスタイルが大宮には伝統的にフィットしている。

  • 2012年の対川崎戦逆転勝利は逆境跳ね返したように見えて、実は翌年の躍進見ると大宮のほうが格上だったという
    2016年の対戦は、家長移籍が裏じゃ決まってた時点で既に勝負あったんだなという振り返っての感想
    まあ、千葉に勝っても今の川崎は相手にならんでしょ
    対千葉でPK戦になって負けるぐらいがいいのでは

  • 天皇杯は降格がないのでサブメンバーの状況把握の場とすべき.レギュラーはケガがない様にボディーケア期間→リーグ戦重視以外大宮に余裕無し 新型コロナ対策忘れずに!

  • 何を言っている?
    勝ったら長野県代表か新潟県代表かもしれんぞ?今の川崎が勝ち上がるとは思えん

  • コメントを残す