【後任決定】佐野秀彦氏の大宮アルディージャ次期社長内定が発表。

2021年1月末での退任が決まっている現・大宮アルディージャ森正志社長。ついに後任の社長名が発表されました。

内容

このたび、2021年2月1日(月)付けで大宮アルディージャ代表取締役社長に佐野秀彦氏が就任することが決まりましたので、お知らせします。

大宮アルディージャ

よろしくお願いします!

佐野氏の経歴について何も触れていませんが、現在は「NTT東日本 営業推進本部 販売企画部 企画部門長」でバトミントン部の副部長。グーグルで検索した感じは現・森社長の経歴と同じで「東日本電信電話株式会社・埼玉事業部総務部長」の経歴もある模様。(同姓同名だったら違うかも)

サッカー経験者でもあり、現在副部長ということでクラブのために色々動いてくれそうな感じはします。NTTグループとのパイプを生かしつつ男子女子ともにクラブを導いてほしいものですね~。

ひとこと

所沢栗鼠

さてどんな感じになっていくのかな。

18 件のコメント

  • 社長がサッカーやるわけでは無いけど、サッカーの理解者であって欲しい。そういう意味では、水増し問題があったけど、渡邊さんは理解があったと思う。あとは、監督がやりたいサッカーに皆が賛同できるか。賛同出来ても、そのサッカーが出来る選手やサポート出来るコーチで固められたのか。等を勘案して、とにかく勝利に向かって貪欲に突き進んで欲しい。
    レッズや阪神でない限り、弱いチーム何か見向きもされない。この資金力でJ1じゃ無いなんて考えられない。

  • 社長になる前から歓迎ムードではないね。
    誰がきてもアルサポは心から喜べないみたい。

  • J1からの降格チームがない今年に昇格を逃したらJ2の底無し沼に完全にはまるね。しかし監督人事や選手の補強(補充)をみても最初から今年の昇格を諦めているようにしか感じない。これからはJ2の番人だね。

  • 新社長の仕事は大宮第一公園に新スタジアムを作るロードマップを作り上げて埼玉県の承諾をとりつけて親会社から建設予算を獲得することだけ! J2優勝とかはその後の話。NACKのキャパではJ1クラス日本人選手からは舐められて強豪選手獲得はもはや不可能な現実を認めて行動すること。去年埼玉県が実施していた大宮公園再整備のサウンディング提案募集に前の森社長は新スタジアム建設を含む利活用提案をしていたのかね?してないようならこのクラブって地元民が応援する価値があると皆さん本気で思えますか?フロントがやることやってる姿をまずサポーターに見せてくれないと新社長もサポーターとの信頼関係を築けないよ。

  • 上の方に同感。
    これで上に上がるなんてあり得ない。
    甘すぎる!
    終わってますよ。
    やっぱりなにも変われない、変わらないクラブ。

  • 経歴もプロフも掲載せず。
    完全なるNTTグループの定期人事異動だろ。
    グループ内では、ババ扱いのポストだぞ。
    大胆って、口先倒れになるのが目に見えるな。
    もしくは、話題性高い女子に注力だろ。
    腐った組織だわ。

  • 男子は残念な結果でしたが
    女子部は頑張ったのでクラブ的には大成功!!
    なんてことにするなよ

  • 女子チームもどうせ弱小でリーグの御荷物扱いになるんだろうね・・。想定だけど国が女性活躍社会の一環で女子リーグ作らせたいから数合わせで国に株を握られて逆らえないNTTに国から女子チーム作れと圧力がかかってNTTとしてはいやいや女子チーム作る羽目になったというのが実態だろう。仕方なくチーム作るんだから見返りに国と埼玉県で大宮第一公園に新スタジアム作るくらいの便宜図ってくれといった活動は新社長はできないのかね?というか、そういうことだけしろよ!

  • コメントを残す