【修正してます】高木琢也監督、甲府戦の反省を踏まえてポジショニング修正中!

arrow

本日午後に公開された週末の松本山雅FC戦プレビュー。高木琢也監督が敗れた甲府戦の修正を行ったことが明らかに。

以下、抜粋して引用。

内容

甲府戦では自分たちでエリアを狭くしてしまったため、ポジショニングの修正が必要だと思いました。引いた相手を崩すためには、スピードの緩急や裏への動きを使って揺さぶりをかけ、相手が嫌がるエリアに入っていくことが必要です。勝つために、点を取るために、相手を押し込んだときの考え方や動きを伝えました。松本はアタッカー陣を中心に個の力が非常に高く、いやらしいところにボールを入れてくるチームです。だからと言って、相手に合わせることに重きを置き過ぎるのではなく、自分たちの形の中で、まずはパスを入れさせないこと、次に入れられたときの対応を徹底し、危険なスペースを埋める準備が必要になると考えています。

– 大宮アルディージャ –

リードされた際にワンパターンになりがちだった2試合。2日のリフレッシュのあと、2連敗で得た教訓を生かして緩急をつけた揺さぶりなどを入れ込んだ模様。

 

そして練習風景にハスキッチや戸島はいましたが河面と酒井の姿はなし。彼らは今節も欠場濃厚ですね。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
なにか変化が必要なタイミングでもありますよ監督!
         

4 件のコメント

  • 手詰まりにならぬよう、点を取る策をいろいろと考えていれば良いけどな。
    とくに交代選手が流れを変えられないのが、このまま続くと、ずるずると順位が下がるぞ。

  • 高木監督はキチンと教えてると思うよ。あとは選手が危機感持って出来るかだと思う。自分の生活、将来を考えたら頑張らないと。選手寿命なんて長くないんだから。
    乞うご期待だな。

  • 連敗しなくても、1敗戦で十分な教訓が得られてたと思うけどな。
    出来れば、試合中に策を授けてもらいたい。
    知将なら。
    もっと言えば、試合中に引いた相手を崩すアイデアとスキルを持った選手がほしい。
    いたら、とっくに昇格してるか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。