FW:富山貴光の水戸戦決勝ゴールをFWとして語る北嶋秀朗コーチ

開幕水戸戦で決勝点を挙げたFW:富山貴光のゴール。そのゴールについて北嶋秀朗コーチが語っていました。

以下、抜粋して引用。

内容

「ボールが来るって思っている、もしくは『GK弾け!』って思いがないと、あそこにはいない。みんなは分かっていないけど、俺だけは分かっている。必然のゴール、素晴らしいゴールだと。あれがストライカーなんです。『おいしいね』って終わらせられるゴールになるけど、絶対にそうではない。シュートがここにくるかもしれないという予測が入ってくる。ああいうゴールが一番興奮するんですよ。“トミ”(富山)だけが知っていたゴール」

– スポーツナビ –

名FWとして柏で長く活躍した北嶋コーチの言葉は重いですねぇ。あそこにいなければ決められない…。

 

またトミーはこんな言葉も

1000ゴール目を狙う富山

 Jリーグ公式戦のクラブ通算1000ゴールまで、あと2ゴール。大宮アルディージャのメモリアル弾奪取に名乗りを上げるのは富山貴光だ。「(与えられるのが)どんな時間でも2点を取ります。1人で稼ぎます。(歴史に)名を刻みたい」

ハスキッチだけでなく大宮にはトミーがいる。1000ゴール目も仕留めてほしい。

 

管理人のひとこと

所沢栗鼠
再開後も楽しみ!
         

5 件のコメント

  • 必然的ゴールが少ない。早く本物のストライカーになってくれ。前にいるDFは卒業だ!

  • トミー練習試合でも結構決めてるし調子良いのかもね
    延期になったのは可哀想だな

  • ま、FWとしては、当然なのではないだろうか?
    そういうゴールを量産してこそ、称賛されるのではないだろうか?
    これまで散々、期待を裏切ってきたんだから。