高木琢也監督「この1ヶ月で4バックや変化をつけることを準備したい」

5月の再開に向けてトレーニングに励むアルディージャ。26日の練習後に残りの一ヶ月間の戦術について高木監督がコメントしていました。

以下、抜粋して引用。

内容

さらに約1カ月中断が続くが、高木監督は「1カ月はほぼオフシーズンに近い状況。長期間休んでも、どこにも行けないわけだし、トレーニングと練習試合と休養をうまくいれていきたい」と、中断を前向きにとらえる。「チームに変化をもたらすことを試したい。4枚も含めて、いろいろと準備できる。選手が飽きずに常に何か考える状況にしないと」と、工夫を取り入れていく考えだ。

– スポニチ –

3バックだけでなく4バックを用いた戦術を更に仕込んでいくようですね。

 

また練習試合も積極的に行う模様。首都圏で自前のピッチを持つ大宮は練習相手には事欠きません。J1クラブ相手に試合を行って力をつけてから再開後に挑みたいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
大宮も動画配信とかしないのかな。
         

6 件のコメント

  • 今のアルディージャじゃ3バック1トップはあってないよ。ファンマは一人でDF引きずって行けたけど。

  • いまのコロナの動向をみると、無観客でやってほしい。
    家で観戦したい人も多いはず。

  • 難しい戦術もさることながら、基本スキルを反復することが大事。プロだからってバカにしないでな。
    試合中、しょっちゅうミスしてるんだから。
    習得したことを練習試合でいろいろ試して練り上げるのも大事。難しいことをやりたがる選手が飽きないためにも。