【無念】ヴェルフェ矢板を率いる奥野誠一郎監督が1年で退任。

昨季関東2部:ヴェルフェ矢板の監督に就任していた元大宮DF:奥野誠一郎氏。昨季限りでの退任が発表されました。

以下、抜粋して引用。

内容

このたびヴェルフェ矢板では、2019シーズン限りで奥野誠一郎監督が退任することになりましたのでお知らせいたします。一年間という短い期間でしたがヴェルフェ矢板にお越しいただきありがとうございました!

– ヴェルフェ矢板 –

昨季監督に就任した奥野さん。関東2部リーグ戦は10チーム中8位という成績。関東の県1部クラブとの入れ替え戦にまわり、V市原ヴェルに敗れ栃木県1部に降格。責任をとっての退任となりました。

 

成績がすべてのこの世界。奥野さんは大宮に戻ってくるのかな。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
悔しい結果ですね。
         

5 件のコメント

  • 捨てる神あれば拾う神有り。指導者としての道程を歩き始めたばかりなのだから、又どこかのクラブから声が掛かると思う。大宮の前監督の石井さんも一時はサッカーとは無縁の民間企業に就職した後に、タイのクラブの監督に就任した。そういう風になるでしょう。

  • 奥野さんだけでなく横山にも指導者として復帰してほしい
    大宮は育成年代に力を入れ始めてるわけで優秀な人材を確保すべき

  • OBを全部再雇用してたら、人件費が膨らみ過ぎちゃうだろ。その分はチーム強化に当ててよ。
    ノリオ、何してるんだ!?

  • 中学同じチームメイトでした。
    ただただ残念です。
    しかしこの矢板のチームは何をしたいのか全く分からない、
    組織として成り立っていなかった。
    指導者としては???