サカダイ特集で大宮アルディージャはホーム成績J2で1位と判明!

本日発売されたサッカーダイジェスト、特集は「2019年シーズン J1&J2最終章 白熱の上位争いを徹底展望」。我らが大宮アルディージャはホーム成績J2で1位であることが明らかに。

以下、抜粋して引用。

内容

ホーム成績1位

混戦を勝ち抜くうえで慣れ親しんだホームなら負けないという精神的な余裕はアドバンテージだ。2017年にアウェーで8敗もしながら、長崎がクラブ史上初めてJ1に昇格できた要因が、まさにホームでの勝負強さ。年間わずか2敗で、勝率は71.4%を誇っていた。今季のホームゲームでの成績を見てみると、大宮の地力が際立つ。本拠地NACK5スタジアムでは現在16戦負けなし。34節終了時点で1敗しかしておらず勝率は約65%と、首位の柏をも上回っている。

– サッカーダイジェスト:紙面 –

 

実際のランキングはコチラ。

順位 チーム ポイント
大宮 38
37
京都 34
徳島 32
岡山 32
横浜C 31

 

水戸戦を終えてホーム成績はなんと1位。17試合戦って負けたのは2戦目の琉球戦だけ、引き分けは5回と圧倒的な数値でした。勝ち点6も差がある柏より上とは驚きですね。

 

奇しくも長崎を昇格に導いた高木監督が率いる大宮。2017年の再来と行きたいところです。

後半戦のポイント

ちなみに終盤戦のポイントも掲載されており、大宮は「選手の起用法」とのこと。

奥井が負傷していること、イッペイと河面の累積警告がリーチであることが懸念されてました。

         

4 件のコメント

  • 奥井の負傷は発表されてない。ホントなのか???
    河本は???

    ホームで1回しか負けてないけど、引き分けが多すぎる。
    これを半分勝てていれば、今頃は首位。
    決めるべきところ、決めてくれ❗

  • そりゃそうでしょうね。
    2節の琉球(3-4)以外は勝ちか引き分けだから。