新旧の主将・FW:大前元紀とDF:菊地光将が誓う愛媛FC戦への想い。

ホーム愛媛戦を前に新旧の主将が意気込みをコメントしていましたのでまとめ。

以下、抜粋して引用。

内容

菊地光将

「試合に出る出ないは監督が決めることなのでしょうがない。いつでも行けるように準備しておかないと、それこそこの前(千葉戦)みたいに何が起こるかわからない。そこは試合に出ている時出ていない時、関係なくやっているつもりです」淡々と、しかし間違いなくチームを優先した日々を過ごしている。今年からキャプテンの座を大前元紀に譲り、周囲からは表情が明るくなったといじられながらも、「(大前を)しっかりサポートしながらやっていければいいチームになっていくと思います」と話す。立場は変わったが、そのスタンスは変わらない。

– jsgoal –

主将でなくてもチームの成績を第一に考える菊地。

 

河本がいなくても彼がいれば最終ラインは万全で頼もしい!

 

大前元紀

「あまり意識はしない。ゴールは取れるときは取れる。でもシャドーが取れば楽な試合展開になる」。システムが変わり、攻撃を組み立てる場面が多くなったため、今季はまだ1得点。それでもシュートのうまさは抜群だ。「もっと取って、チームに貢献したい」とゴール量産を誓った。

– スポニチ –

絶好の位置でのFKを壁に当て、シュートもポストに当てた大前。

 

彼のゴールが決まればNACKは空気が変わる。そろそろ2発目をみたいですね!

管理人のひとこと

所沢栗鼠
NACKでの連勝を!
         

2 件のコメント

  • 意気込みはともかく、気負いは禁物。
    淡々と答えてくれていた方が、むしろ頼もしい。
    愛媛戦は、チーム全体の戦術理解、選手層が試される一戦と言えるだろうね。

  • 菊地選手も大前選手もチームに貢献してる。数字に表れないけどね。