DF:河面旺成が自身の攻撃参加について語る。

今季フィールドプレイヤーとしては唯一のフル出場を続けるDF:河面旺成。そんな彼に大宮公式がデジタルVAMOSとしてインタビュー。その中で攻撃について話していましたのでご紹介。

以下、抜粋して引用。

内容

持ち味とする攻撃はどうだろう。河面は「うーん」と小さく声を漏らした。自己評価は厳しいようだ。「攻撃の部分も監督から求められていて、そこは自分の良さでもあります。3バックの今は、サイドバックではなくセンターバックですけれど、自分の良さもうまく出せるポジションなので、すぐになじめたというか、違和感なくやれています。でも、まだまだ出ていけるタイミングがあると感じています。試合の映像を見返すと、『ここはいけたな』という場面がある。まだまだ、ありますね。でも、やっていくうちにどんどん慣れてきて、できることも増えていますし、プレーの幅も広がっていますので、もちろんまだまだのところもありますけど、どんどんチャレンジしていきたい」

– 大宮アルディージャ –

千葉戦後半に急きょ左WBとして出場した河面。的確な攻撃参加で中村投入まで大きな破綻もなくプレーしました。

 

畑尾もですがCBが攻撃参加が大きなキーになっていそうな今季の大宮。今後も彼らのプレーから目が離せません!

管理人のひとこと

所沢栗鼠
早くゴールもみたい!
         

3 件のコメント

  • 畑尾が点獲ってますからね。
    千葉戦、最後に外したけど。
    河面は、バランスとってるのかもね。
    いいクロスは、供給できてるし、
    そろそろゴールの予感。

  • はるか遠いけどアルディージャで代表に一番可能性を感じる選手。頑張れ~!

  • フリーキックやコーナーキックを大前に任せず
    河面がばんばん蹴った方がいい。