高木琢也監督が5連勝に向けてチームを引き締める一言。

アウェイFC町田ゼルビア戦を控えるアルディージャ。チームを率いる高木琢也監督がコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

J2大宮の高木監督が改めてチームを引き締めた。チームは4連勝中、次節町田戦へ向けて戦術確認などの練習を行ったが「メンバーを代えない理由もあるけど、代える理由もある。同じチームとやるのではない」と選手にハッパをかけた。「1本目の練習が緩かった」と説明し、強豪との対戦へ向けて緊張感を見せた。

– スポニチ –

主力にけが人なし、暖かい気候、連勝中。緩みがちな雰囲気を監督がビシッと締めてくれました。

 

昨年地獄を見たアウェイ町田戦。今度こそ勝ち点3を持ち帰りたい。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
さぁ町田へ…。
         

6 件のコメント

  • 地獄を見た……過激な言葉を安易に使うなよ、所沢サン。そうでなくても去年の「サヨナラJ1」発言に代表されるようにアナタの使う言葉は軽いんだから。地獄と思っているのはアナタだけでしょ?去年負けたのは事実だが、だとすると大宮は今シーズンだって既に地獄を見ているよ。

    とは言え、高木監督の発言を取り上げてくれたのは、所沢サンの目の付け所が流石だね。簡単に5連勝は出来ないという事を改めて考えさせてくれる。後一日、選手達にはしっかり練習して貰いましょう。

  • 気の緩みは怪我にも繋がるから。気合い入れて頑張って欲しい。

  • 4連勝しているが、1つ間違えば負けていた試合もある。
    開幕から、・圧勝している試合はない、・安心して最後まで観れた試合はない。
    まだまだ、改善するところは多くある。
    そういうことを伝えたかったんだと思う。