高木琢也監督「岡山戦の逆転勝利はチームの精神的な部分での成長が大きい」

逆転勝利を達成したホーム岡山戦。試合後、高木琢也監督がチームの精神面での成長をコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

「今日のミーティングで選手たちに一番印象付けたかったのは、ホームゲームで勝つということ。我々にとって特別な、常にスペシャルなゲームだということを強く選手たちに伝えました」。発奮したチームは粘り強く戦い、終盤の2ゴールで一挙逆転。高木監督はチームを同じ方向に導き、選手のパフォーマンスを引き出した。「ビハインドになった時に『やらなくてはいけない』という気持ちは本来、誰しもが持っていると思う。選手たちがそれをうまく表現できるようになってきた。今日のゲームは技術の面も必要だったかもしれませんが、精神的な部分が非常に大きかったと思う」

– ゲキサカ –

琉球、山形戦で見せたビハインド時の脆さ。水戸戦もそうでしたが、徐々に改善されつつあるようですね〜。

 

先制を許さないのが一番ですが、たとえリードを許しても岡山戦を思い出して粘り強く戦うことで、勝ち点を1にも3にも変えられるようになります。失点したときこそ応援の声を大きくしてチームを鼓舞したいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
鹿児島戦も勝ちましょう!
         

8 件のコメント

  • 確かに高木監督の言う意識がなければ失点してからの粘りも、同点に追い付いてから逆転へ向けてのプッシュも無かったと思う。
    逆転シーン 畑尾があのポジションにいた事が物語っている
    ホームで勝つという強いメンタルの表れだよね。

  • 気持ちって大きいんだよね。体の動きが変わるから。心おれたら、マジで体の動き落ちるから。サッカーだけじゃなく全ての事に言えるよ。

  • こういうところも今シーズン違うね。
    チームとして「まとまる」と言うのは簡単だけど
    一つ一つ具体的な指導があればこそだと改めて思う。

  • 俺は思うんだよ。これから負けが越しても監督交代なんて騒がないで欲しい。世界のビッククラブじゃないし極東のJ2なんだから様子を見て欲しい。高木監督に任せたい。クラブもサポーターも身の丈を知るべき。ブーちゃんを信じたい。

  • 3バックで点を獲りたい。
    監督の本音だろ。
    最後まで諦めないメンタリティは成長だけどさ。

  • 逆転勝ちは自信になるよなぁ
    どんな形でもいいから最後には勝って終わる試合を少しでも多くしよう