大分トリニータ:片野坂知宏監督が大宮の弱点について語る

勝利した大分戦。敵将:片野坂知宏監督が大宮の強みと弱みをこれでもかと話してくれていました。

その中で弱みの部分を抜き出して以下、抜粋して引用。

内容

SBのポジションの高さ

相手はSHがインサイドを取ってSBが高い位置を取ってくるので、SBの高さによってはWBが絞って危険なところを消すことが必要になってくる。相手はそういうところで数的優位を作って攻撃してくるので。

(中略)

——相手の右SBの酒井選手が攻め上がったウラなどはよく突けていたと思うが。

そうですね。攻撃の狙いとして、相手はリスクを負って高い位置を取ってくるので、奪ったときにスペースがある。そこをキヨ(清本拓己)とか(馬場)賢治とかが使えば、速い攻撃が成立する可能性があるのでそこを狙おうと話していた。

両SBの高さはスカウティングされていた模様、東京V戦でも酒井は明らかに狙われていましたね。かといって彼らが上がらないと中盤でセカンドボールも取れないし数的優位もできないので…難しいところです。もし相手FWが伊佐、後藤選手だったらと思うと…。

 

シモヴィッチ&大前コンビ

シモヴィッチに関しては、先に使うかあとで使うかどっちで来るかなとは考えていたが。シモヴィッチと大前くんが2トップならあまり守備をしないので、自分たちがしっかりボールを動かすことが出来て、2トップの脇を取ったり出来るだろうと話していた。

– 大分トリニータ –

えええ?

シモヴィッチはともかく大前めっちゃ守備してくれる印象なんですけど…。上位陣から見るとまだまだ甘いのかなー。

 

菊地&山越CB

さんぺー(三平和司)がよくキヨに出してくれた。相手が食いついたところを利用して。CBが2枚とも前に来て時間を与えてくれないから、ワンタッチ、ツータッチで判断すれば中央で数的優位を作れるよということは言っていた。それでまず速い攻撃でさんぺーからキヨに出て、キヨの素晴らしいシュートで得点できたのは狙いどおりで良かった

ぐはっ。

要は菊地と山越は食いついてくるってことね。千葉はここ絶対狙ってきそうだなぁ。

 

とりあえず弱みだけ抜き出してみました。大分は試合後のインタビューでここまで出していいのか?ってぐらい詳細に書いてくれています。監督の弱み以外の部分や清本選手、岸田選手の話もゼヒ読んでみてください。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
ここまで載せてくれるとは…。太っ腹だな大分。
         

6 件のコメント

  • 「言える」部分はここまでで、言えない分析はもっと多いでしょうね!

  • 観戦していてもわかるよ。
    奥井、中村の裏のスペースは危険地帯、いまだに改善されていないように思う。だから、河面と酒井なんだと思う。
    菊地の食付きはボランチエリアにも及ぶ、山越もカバーするに至らない。この二人の関係はあまり良くないのかもしれないね、改善できると良いけど。
    いまのシモビッチと大前の運動量はそんなに悪いとは思わないけど、以前はそう見えたのかもしれないね。逆にいうと、大分はトミーの運動量が嫌だったのかもしれないね。

  • J2では、FWの一人はトミーくらいに運動量が無いと、お話にならないのよ

  • 既に周知の事実なのでしょう。
    素人目にも、観戦してるとよ~く判る弱点ですね。
    特に、酒井と山越のところが要改善なんです。
    前々からの課題ですね。
    河面、菊地なんかは、しっかりケアできてますよ。

  • ヴェルディ戦もだけど、酒井は明らかに狙われてるね。大事な場面でやらかす癖はドイツにいる兄貴にそっくりだよ…。
    中村が使われなくなったのも裏を取られまくるからってのもあるし、河面自体も調子いいからね。奥抜河面になってから左サイドは大分改善された気がする。
    問題は右サイドバックの守備とCBのとこ。中二日の千葉戦を前に、大分を相手に河本温存できたのは凄くよかった。
    大前は守備ガンガンやってるし問題ないと思う。