名古屋戦で相手を崩すイメージについてMF:横谷繁がコメント。

yoko

明日行われるアウェイ名古屋戦で右SHで先発濃厚なMF:横谷繁。試合を前に崩しのイメージを OmiyaVision にコメントしました。

以下、OmiyaVision より抜粋して引用。

内容

――名古屋戦の崩しのイメージは?
「ジュビロ戦のように間で受けながら、前を向けたらスルーパスを狙いながら。ナビスコカップでの名古屋戦も同じようにできていたので、イメージはあんな感じで持ちながらやっていく。相手もクオリティーの高い選手が出てくると思うので、細かい駆け引きはやっていかないといけない」

――磐田戦のアシストのような形を増やしたい?
「最後のパスの精度は、あの1本も自分の中では納得できていない。少し弱かった。ほかのシーンでも1本、2本とムルジャにもう少し良いパスが出せていれば点は入っていたと思う。技術をもっと上げないといけない。少しズレている部分の精度が上がれば、結果としてもっとアシストなりが増えていくと思う。数字は出ているけど、もっと残せたとも思っている」

 

– OmiyaVision:無料記事 –

まだまだ納得していないようですね〜。

ホント横谷が右に入ったことで格段に全体のバランスが良くなって攻撃にも厚みが出たわ…。後ろが奥井なので名古屋戦は彼がキープして、奥井が追い越す動きプレーなども見られるかもしれませんね。

YNCで結果を出した若手やサブに負けじと活躍してほしいものです。

yoko
         

1 個のコメント

  • 同感です。
    ただ、奥井の攻撃参加はあまり期待しない方がいいかも?これまでの数試合を観る限りですが。