ベルデニック監督と仙台の因縁

ベルデニック

本日はアウェイで仙台との対戦。昨年のホームでベルデニック体制で初対戦した際、監督の名が呼ばれると大ブーイング。過去に仙台で監督をしていたからと思ったけど、実は結構な理由があったんですねぇ。
以下、wikipediaより転載。(Web

内容

  • 仙台監督を解任された際、違約金として年俸の85%にあたる9700万円を受け取った。これは公表されていた年俸を大きく上回る金額であり、仙台の2005年度の黒字額を大幅に減らすこととなった。これに関してサポーターから強い批判を受けた。これ以前に名古屋を解任された際にもこれとほぼ同額の年俸と違約金を受け取ったとされている。仙台監督解任後、ベルデニックがオファーがあるにも拘わらず長らく現場復帰しなかったのはこれらの収入があったためといわれている。

とブーイングされるだけの理由があった模様。
大宮も不振だったら、同じ目に有っていた可能性もあった・・・。(((( ;゚д゚)))

とはいえ、今はわだかまりもないようで、昨年のNACKで(Web

内容

試合前に「こうやって対戦できることを嬉しく思う」と自分も話をしたし、ベルデニック監督もそうやって言ってくれました。一応、「結婚して子供が二人生まれた」という話もさせてもらって。(ベルデニック監督は)「おお」と驚きましたけれど。あとひとつは、去年の3月11日の(東日本大)震災があったときに、いち早く個人で義援金を送ってくれたのがベルデニックさんだったというところが、今日わかったので、すごくありがたい話だと思いました

と 大宮の監督になる前に 義援金を贈る等、しっかりフォローなされていた模様。

 

そんな因縁を持つ仙台、ベルデニック監督体制から約10年。殆どの選手が入れ替わっていますが、現監督の手倉森氏(当時はコーチ)、MFリャン・ヨンギ、MF菅井、FW中原選手などは今も仙台に在籍しています。

 

ベルデニック監督にとっては久々の仙台、一体どんなことになるのでしょうか~。しかしリャン選手ですが、ケガの状態によっては欠場するかもしれないらしい。(Web)その場合は武藤 or 松下選手が左SHに入るとのこと~。

 

仙台でも大宮共闘!

ベルデニック