しっかりと対策済「大宮はカルリーニョスが起点」と語る千葉MF:佐藤勇人

close

先日の完敗したアウェイ千葉戦。千葉は事前にしっかりスカウティングし、ムルジャ封じと共にしっかりと中盤の起点:カルリーニョス封じも行っていました。

以下、ゲキサカより抜粋して引用。

内容

特にケアをしていたのがMFカルリーニョスの動きだ。「大宮は、やっぱりあそこが起点になるので。あそこからのサイドチェンジや正確なフィードがあるので、あそこをフリーでやらせないように常に見ながらプレーしました」と明かす。

– ゲキサカ –

開幕からずっとコンビを組む、パウリーニョ選手との阿吽の呼吸で大宮の中盤を制圧。中盤でボールを失い続けた大宮は攻撃の形を全く作れず無得点に終わりました。結局改善していない、カルリーニョス、家長、ムルジャ不在&マーク時の攻撃。たとえ出場していても、相手は「3人だけを抑えればいい」のですから楽ですわな~。

 

次節からは家長が復帰するので多少は改善するであろう攻撃。しかし3人だけに頼っている現状を変えないことには、昇格なんて絶対に無理でしょうねぇ…。

close