慶記からの組み立てが今季の攻撃パターンの1つとなる?

keiki

昨年ホーム磐田戦に先発出場し、今季開幕スタメンを勝ち取ったGK:清水慶記。横浜FM戦では2失点してしまいましたが、チームメイトからの評価は高い模様。

以下、サッカーダイジェストより抜粋して引用。

内容

90分間ゴールマウスを守った清水は、昨季まで北野、江角の後塵を拝する3番手だった。そんな彼が出場機会を掴んだ背景には、守備範囲の広さと足もとの技術がある。この日もペナルティエリア全体を使った動きと安定したキックで、組み立てに貢献。今井は「安心してボールを下げられる」と言う。

【全文を読む方は→ サッカーダイジェスト 】

敗れはしたものの、今までの大宮のGKには無い安定したキックを魅せた慶記。ボランチに守備的な選手を起用する分、今季は最後尾の彼からたくさんのチャンスが生まれるのかもしれません。早く彼のキックから生まれるゴールが見てみたいですな!

keiki