練習試合:水戸戦はポジション適性を見ていた?大熊清監督がコメント。

okuma

昨日1-1の引き分けに終わった練習試合:水戸ホーリーホック戦(@高木)について、大熊清監督が埼玉新聞にコメントしたので抜粋して引用。

内容

 大熊監督は練習試合を振り返り、「結果というよりも、やれることができているか。新しいポジションを確認したい部分もあった。競争に入ってきてほしい選手もいるし、競争があることでチームは活性化する」と底上げへ、控え組のさらなる奮起に期待を寄せた。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞 】

 

やはりただの練習試合ではなく、レギュラー外選手の新ポジションの適性も見てましたね。横山と橋本のボランチ、カルリーニョスと康太と大山のSH、和田のSBと中村の右SBなどが新しいポジションということでしょう。

 

果たして新しいポジションで合格した選手はいたのでしょうか?

カルリーニョスを活かすことができれば、一気に好転しそうな気もするのですが…。

okuma