将来はNACKを拡張?大宮駅東口協議会で未来構想が語られる。

images

少し古い情報ですが、今年1月に行われたOECこと大宮駅東口協議会で、大宮アルディージャの未来構想が語られ、その中で新スタジアム案も語られた模様。

例会主題 大宮アルディージャ「未来を、ともに」

大宮アルディージャ久保田剛取締役事業本部長

sinsta

– 大宮駅東口協議会 –

久保田事業本部長が何を語ったのかは一切分かりませんが、掲載されている資料を見る限りでは現在までの歩みや新クラブハウスなどについて語り、その中で将来的にはNACK5スタジアムを屋根付きスタジアムに改修する構想を語った…ハズ。

 

画像を見る限りではどう見ても全席屋根付き。日産や味の素スタジアムを彷彿とさせるような相当大きなスタジアムです。これを大宮公園に立てるとなると県営球場と競輪場と第1駐車場を潰さないと、とても無理な大きさですな…。

毎試合1万3千人の観客を集めて、常時チケットの入手が困難なぐらい強い人気のあるチームにしたら、将来的に建てなおす道も開けてくるのでしょうかね?

images