DF:キム・ドンスは今季1月末から無所属状態を経ての加入だった

先日、電撃加入を果たしたひさびさの韓国籍DF:キム・ドンス。その加入の経緯が少しだけ明らかになりました。

以下、抜粋して引用。

内容

今年の夏にも若手有望株がJリーグへ次々と向かった。キム・ドンス(大宮アルディージャ)、イム・スンギョム(名古屋グランパス)、ウォン・ドゥジェ(アビスパ福岡)たちだ。 慶煕大出身のキム・ドンスはハンブルガーSVのU−19チームに入団した後、今季夏の移籍ウインドウで大宮へと移籍した。ドイツのハンブルガーSVの2軍(ドイツ4部リーグ)で将来性を見込まれてプレーした彼だが、1軍への昇格に失敗し活躍の舞台を日本に求めた。 

– goal.com –

大学1年?の夏にドイツの名門:ハンブルガーSVの下部組織に入団したドンス。約3年間半プレーしましたが1軍への昇格は果たせなかった模様。

それをふまえて Transfermaket を見ると

なんと今季1月末には契約満了となっていたようです。半年間無所属という辛い時期を乗り越えて大宮への入団を果たしたドンス。山越や高山といった強力なライバルを押しのけて、死にものぐるいでポジションを掴み取ってほしいものですね〜。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
ホントに期待してるぞ!ドンちゃん!
         

10 件のコメント

  • しばらくサッカーから離れ、大宮と浦和、どちらに付こうか考えていたけど、
    腹は決まった。

    大宮に付く。
    大宮サポーターを選びます。浦和には行きません。

    バカ社長のせいでユニフォームにしまむら入ってダサいし、ザコチームに成り下がったけど、
    ここから這い上がれ。
    いつまでも付いていくぜアルディージャ。

    とりあえず大前使うのやめたほうがいいと思います。点の取れないストライカーをいつまで使い続けるのか。

  • 1番いいのは江坂・瀬川の2トップ。
    その下に司令塔として新加入のロナウジーニョみたいなやつ入れればOK。

    大前を放出して、その金でまた強いやつ補強すればいいのでは。

  • 大前選手にはかわいそうかもしれませんが、やはり大前は放出したほうがいいと思います。
    馴染み慣れた清水を離れ、エースとして期待されて入団したのにも関わらず、
    公式試合で数得点しか挙げていません。
    MFとして起用されてもやはり目紛しい成果は挙げられていません。
    このまま後半になっても多分同じでしょう、渋谷監督の時ように、先手を打つのが遅れた2の舞になるだけかと。
    その放出したことによる資金と枠でこうやってどんどん合理的に補強していくほうが絶対にチームが良い方向へ行くと思います。

    Jリーグはアマチュアではなく、プロのサッカーです。
    お金もらってサッカーをするということです。
    感情論ではプロリーグは勝てません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。