元大宮の釜山MF:渡邉大剛が開幕スタメン出場を果たす!

既にツイッターなどで出回っておりますが、3月26日に韓国2部リーグ(Kリーグ・チャレンジ)が開幕。同カテゴリの釜山アイパークに所属する元大宮MF:渡邉大剛が開幕スタメン出場を果たしました…がチームは1-3で敗北してしまいました。以下、釜山公式サイトを翻訳して引用。

内容

ホーム開幕戦、安山ムグンファに悔しい敗北

釜山アイパークの2016年シーズンのホーム開幕戦は敗北で始まった。26日午後2時釜山アジアード競技場で開かれた「現代オイルバンク・Kリーグチャレンジ2016」安山ムグンファFCとの第1節で1対3で敗北した。釜山はホン・ドンヒョン、渡邉大剛、ゴ・ギョンミンを前方に配置して中盤をユ・ジフン、イ・ギュソン、イ・チョンウン、ギム・デホが担当。守備はサムエル、ウォン・ヨン、チャ・ヨウンファンのスリーバックという布陣で先発した。

– 釜山アイパーク –

daigo

99が大剛選手

 

試合は前半13分にオウンゴールで失点、40分にはGKの飛び出しが失敗して更に失点。後半猛攻に出ますが攻めきれずにいると80分に失点、最後に1点返すも焼け石に水で完敗となりました。大剛選手は中央トップ下で先発するも、あまりインパクトは残せず68分にキム・ジンギュ選手と交代となりました。

安山ムグンファFCは昨季まで安山警察FCという名前だったチームで、いわゆる兵役クラブ。当然選手も毎年総入れ替えとなるため、序盤のリーグ戦はいつも苦戦するのですが…いきなりのオウンゴールで動揺してしまったんですかね? それにしてもホームで3失点は酷すぎるぅ~。

切り替えて次節こそ勝利を掴んでほしいものです。ガンバレ大剛!!