FC東京ACLプレーオフ勝利で今季ナビスコ予選A組は7チームに

fctokyo

昨日夜にACLプレーオフ・FC東京VSチョンブリーFC戦が行われ、東京が勝利しACL出場が確定。これにより大宮が属するナビスコカップ・グループステージAは、東京を除いた7チームで戦うことが決まりました。

以下、抜粋して引用。

内容

 東京がACL出場を決めたことにより、3月23日に開幕するヤマザキナビスコ・カップの1次リーグA組は鹿島、甲府、大宮、名古屋、湘南、磐田、神戸の7チームで争われることになった。

– 日刊スポーツ –

見事な圧勝で東京はナビスコ予選の免除確定。5月25日19時@NACKの試合は消滅。そしてACL本戦に進むため、早速2月23日夜に韓国で全北現代との試合が決定。大宮との開幕戦(2月27日)は遠征を終えて中3日で戦うことになりました。

ゴールシーンはこちら。いくらなんでもDF棒立ちすぎるだろ!

ちなみにチョンブリーFCは昨季タイ4位で、橋本早十コーチが2年前に所属していたクラブ。まだまだ日本・韓国・中国クラブとの差は大きいようです。

fctokyo