元大宮の島田裕介選手が現役引退

j0329_016

 

元大宮所属で昨シーズンは韓国でプレーしていた島田裕介選手が現役引退を表明。
以下、島田選手の公式ブログより転載(Web

内容

お久しぶりです。

 

こんばんは!
かなり久しぶりになってしまいすいません。

韓国から日本に戻り、チームを探していましたが、なかなか決まらず3月になってしまいました…
まだまだできるし、やれる自信はありますが、この状態をずっと続けていくわけにはいかないので、次の道に進もうと思っています。悔しいですが…

 

実家に飾ってるユニフォームを見ると色々思い出します。

大宮から始まったプロ生活。草津、鳥栖、徳島、そして韓国の江原FCでは10番をつけさせてもらいました。

 

J1 15試合 1得点
J2 242試合 33得点
Kリーグ 24試合 1得点

 

思い描いていたプロ生活とは若干違いますが、上を目指して、色々な決断をしながら進んできた13年間に悔いはないつもりです。幸せなプロ生活だったと思います。自分を応援してくれたみなさん、本当にありがとうございました。また、これまで自分に関わったチームメイト、指導者、関係者、全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

大きな怪我もなく、ほとんど怪我をしない丈夫な体に生んでくれた両親。ありがとう。

 

そして、いい時も悪い時もどんな時でもついて来てくれた、支えてくれた妻、大雅。ありがとう。涼雅(8ヶ月)は、パパのサッカー選手姿見せれずごめん。これはかなり心残り…

 

そんなかんじで、とりあえずまだまだ書きたいことはたくさんありますが、辛くなってきたのでこのへんでやめておきます。

 

今後については、今までの経験を活かしてこれからもサッカーに関わっていきたいと思っています。
また落ち着いたら更新します!これからも暇な時はブログ覗いてくださいね。

 

前進∞
では、また。

大宮には2000年に地元埼玉の西武台高から入団し主にスーパーサブとして活躍。
2006年に草津へレンタル移籍して活躍し、2007年に大宮に戻って来ましたが、同じMFの主税や小林大悟からポジションを奪えず、2008年に草津へ再度レンタル。2009年には鳥栖へレンタルされ、そのまま徳島に完全移籍となりました。

 

徳島移籍後の2011年にJ1昇格を最終節で逃して、その余波で契約満了。草津時代の同僚チェ・ソンヨン氏がスタッフを務める韓国:江原FCと契約しましたが、江原は昨シーズン14位と低迷、今年1月に島田選手の退団が発表されていました。

 

島田選手が大宮でいちばん試合に出ていた2003~2004年。その頃のスタメンFWは、なんと明日対戦するバレー!妙なところで因縁を感じますな。

 

特に今後は決まっていないようですが、サッカー一筋の人生を歩んできた方、これからもサッカーに携わる人生を送っていただきたいですね~。

島田選手のこれからの人生に幸あれ!