DF:大屋翼は左SBとしての獲得!ただし最適なのはアンカーとの声も。

ooya

本日発売された元・大宮FWが表紙のサッカーダイジェスト。今回の特集は「J1・J2補強診断」そのなかで大屋翼選手獲得の狙いについての情報がありました。

以下、サッカーダイジェストより抜粋して引用。

内容

神戸から獲得した大屋のDF登録。本職はボランチだが、固定できずにいる左SBの第一候補として考えられており、「関西大時代に(左SBとして)獲得を考えた選手」(松本強化本部長)だという。

– サッカーダイジェスト:紙面 –

というわけで中村北斗選手の移籍で空いた左SBのポジションには、高瀬や和田ではなく、序盤は大屋が入ることになりそう。ボランチは金澤、カルリーニョス、横山、和田、大山で争うことになるのでしょう。

 

ただし、サッカーダイジェスト神戸担当記者からこんな指摘も。

長短織り交ぜたパスを的確に捌き、リズムを生み出せるボランチ。十分な守備力も有していることから、最も特長を引き出せるのはアンカーでの起用だろう。

– サッカーダイジェスト:紙面 –

とボランチでの起用を薦めており、ちょっと心配です。現・横浜FM:下平選手のような攻撃の起点となるSBになってくれれば嬉しいのですがどうなるかな。

 

ちなみに補強診断は「C」でした。家長、ムルジャを残せたのに厳しい…。

ooya