今季のスタイルは堅守多攻!松本大樹強化本部長が強化方針を説明。

attack

昨夜行われたサポーターズミーティング。松本大樹強化本部長が今シーズンの強化方針を明らかにしました。 以下、埼玉新聞より抜粋して引用。

内容

松本強化本部長は攻守で昨季を振り返った。得点数や失点数などを画面に提示し「数字を見ても降格は仕方ない」と反省。今季の強化方針では「家長選手の使い方がポイント」と挙げ「組織的、堅守多攻の大宮スタイル」の構築を目指した。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

昨季の数字的な責任は前監督&統括本部長なので仕方ないですね。ラドンチッチの誤算、高橋祥平選手の左SB、今井CB、片岡と橋本晃司選手のボランチと無茶苦茶やってくれましたし…。今季は渋谷監督の求める選手を獲得して欲しいところ。

 

そして「堅守多攻」堅守は分かるけど多攻

 

結構危険なフレーズですよね。間違えるとパスだけ交換して結局シュートしない悪循環に陥りそうで怖い。多攻となると似たようなスタイルで戦ってきた横谷のプレーがカギを握りそう。彼と家長が中心となって如何にムルジャにボールを渡すのか注目。

attack