GK:上田智輝が負傷と天皇杯組の状態について語る。

A秋田戦のウォーミングアップ中の負傷で離脱したGK:上田智輝。天皇杯千葉戦を前に大宮花伝のインタビューに答えていました。

内容

上田智輝が天皇杯2回戦の千葉戦で、名誉挽回に意欲を燃やしている。4月7日の第7節、秋田戦のアップ中に足首を痛め、急きょ先発メンバーから外れる苦い思いを経験。守護神に返り咲くためにも勝負どころの試合となりそうだ。上田が千葉戦へ向けたメディアの合同インタビューに答えた。

大宮花伝:無料部分

転載はしませんが、

・アップ中の負傷は自分の準備不足が原因

・調子は戻ってきている、試合勘さえ戻れば戦える

・監督が変わったが、天皇杯組はしっかりと練習はできた

と自身の負傷離脱と控え組の選手の状態について話してくれていました。

チャンスをくれた前監督は去りましたが、スタメンに立ちはだかるのは笠原のみ。キック精度という武器にリーグ戦のスタメンを勝ち取ることはできるのでしょうか。

ひとこと

所沢栗鼠

ここで活躍すればスタメン奪取につながるのかな?

11 件のコメント

  • 結局、今季の2勝は序盤に上田がGK務めた試合だけだからな。
    シュートブロックだって、笠原があんなへなちょこPKを防げないのなら、活きのいい上田でいこうってなるぞ。
    チーム内で、いい競争が生まれるといいよな。

  • これからは残留するなら誰が出てもいい。天皇杯もリーグの調整でいいよ。J3は勘弁してくれ。

  • 栃木戦から指揮を取る霜田新監督見守る中での御前試合。この出口の見えないチーム状況。
    今こそ、レギュラーの座を勝ち取るビッグチャンス。
    救世主、出てこいや!!

  • でも、あれは止められるぞ。
    読みピッタリ、コース甘甘。
    蹴った本人が自虐してるし、解説・実況も指摘してた。
    残念すぎるだろ。

  • いやいやいや、「あんなPK止めれる」って、認識ヤバすぎでしょ・・・
    PKは蹴った側が7~8割決めるし、キーパーが止めるのなんて1割くらいでしょ。残りは選手が外してる。
    川島とか川口みたいなPKストッパーと呼ばれる選手が異常なだけで、笠原を責めるとか無いわ。そもそも方向が当たってただけでも大したもん。
    甘いシュートを止めなきゃ名キーパーじゃないというなら、パネンカを決められたキーパーは全員ダメキーパーという理屈になるだろ。

  • 笠原変えないと正直守備陣の変化もないよ。
    今のサッカーは足元ないGKは絶望的だし、そもそも笠原に助けられて勝った試合なんてないしね。
    サブで置いとくのが妥当

  • 現地観戦しないので、久し振りに試合内容が終わるまで何も分からない試合
    でも霜田さん就任でJ3落ち確実だと思ったら全く気にならなくなったし、明日の試合以降もここを見るだけでいいかなと
    超板は特定の荒らしを放置する姿勢だし、試合中に煽られるのがストレスになるだけだからね
    もう見る価値ないかなと
    体力勝負で幾らかの選手が伸びるだけ、戦術も仕込めず守備整備も出来ず修正も効かない監督では残留すら期待出来ないので
    交代ブーストあっても大宮以外の戦術的対策力は上がって年々早くなってるし
    もし何か変わるとすれば、それは夏場補強がはまった時だけなのだけど、失点が止まらなければそれすら無にしてしまう
    ある時期を過ぎると、こんな柔軟性のない指揮じゃ駄目だとする監督批判派と選手が変わらなきゃ駄目だと落ちても続投派でサポも分断されてくるのでは

  • コメントを残す