契約満了のDF:マクシメンコはブルガリア1部:レフスキ・ソフィアに入団?

大宮との契約満了が発表されたDF:ヴィタリース・マクシメンコ。どうやらブルガリア1部:レフスキ・ソフィアの監督が彼の獲得を熱望している模様。

内容

レフスキ・ソフィアは、財政面と結果面の両方の問題を抱えているため、激動の時代を迎えています。(中略)ストヤノビッチ監督は春までに戦力編成に動かなければならず、彼は新しい戦いにもっと強く参加したいと思っています。同時に、オリンピア・リュブリャナの元メンバーも彼の移籍リストに含まれていたことは興味深いことです。ブルガリアメディアによると、ストヤノビッチ監督はラトビア代表監督の頃に知っているヴィタリース・マクシメンコとのことです。マクシメンコはオリンピアで1年半過ごして52試合出場、2得点を挙げました。CB中央と左SB可能な彼は、現在日本にいてわずか残り1か月の契約を残しており、J2リーグクラブの大宮アルディージャに所属しています。

EKIPA24

ということでラトビア代表時代の監督が11月にブルガリア1部:レフスキ・ソフィア監督に就任。現在16試合終えて9位と低迷しており、立て直しのための新戦力としてマクシメンコに白羽の矢が立った模様。

なんやかんや言ってもラトビア代表の名は伊達じゃないってとこでしょうか。どこに行っても頑張って欲しいものですね。

ひとこと

所沢栗鼠

元気でね~!

9 件のコメント

  • 松本大樹は大嫌いだったけど、西脇徹也は松本大樹より能力低い。中長期と言いながら2年で高木監督を切ったし、サッカー界で評判悪くなるよ。ただでさえコネクションが無さそうなのに。実績ある選手は来なくなる。本当に暫くJ2。南無〜(笑)

  • 松本大樹と西脇徹也の能力比較については同感。群馬の少ない資金でうまくやりくりして松本大樹と無駄金使いの西脇徹也。

  • マクシは守備に穴ありすぎ。
    サッカーで無名な国から補強してしまう、強化部の責任だけど。

  • コメントを残す