大宮ユース出身・明治大学MF:小柏剛選手がコンサドーレ札幌入りの経緯を語る。

来季コンサドーレ札幌入りが内定している大宮アルディージャユース出身の明治大学MF:小柏剛選手。ユース時代から今回の札幌入りまでの経緯を語りました。

以下、抜粋して引用。

内容

大宮の小柏。その名前は世代屈指の存在として、全国に知れ渡った。しかしトップ昇格が叶うことはなかった。同学年ではMF山田陸(甲府)が春先に昇格を決めていたが、小柏とMF長谷川元希(法政大)は保留。夏のクラブユースのパフォーマンスで昇格の可否を決めると言われていたが、吉報が届くことはなかった。「大学に行って力をつけて、戻ってやろう」。決意を新たに、明治大サッカー部の門を叩くことになる。(中略)J注目の存在となった小柏には古巣の大宮のほか、札幌とFC東京が獲得に乗り出した。今春には3クラブのキャンプにそれぞれ参加。3月に入っても結論が出ないほど熟考を重ねた。ただ最後は自分の感覚を信じ、札幌という結論を出した。「自分が成長するためにどのチームに行けば一番かなと考えたときに札幌という答えになった。練習の難しさに魅力を感じた。東京が対人が多く明治っぽさ、大宮はユースを経験しているのでやりやすさを感じたけど、札幌では自分が持っていない動きを教えてもらえた。札幌のサッカーをやりたいと思えたことが決め手になりました」

– ゲキサカ –

う~ん、やはり振られてたか。

 

山田と同世代の小柏選手。一世代上に藤沼、川田拳、黒川、ひとつ下に奥抜。彼らがいる以上、小柏選手をトップ昇格させるのは厳しかった。振られてしまいましたが、2列目は菊地、近藤、奥抜、黒川、嶋田、吉永、高田と層が厚い大宮には活躍できる余地がなかったのでお互いにとって幸せだったかも…。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
早くJ1の舞台で彼と戦いたいですね。
         

7 件のコメント

  • 大宮の下部組織出身だから必ず大宮に加入しなくてはいけない、という物でもないでしょ。小柏選手自身が下した決断なのだから、それはそれで尊重しなければ。
    大宮は大宮でJ1に昇格して、来シーズン札幌と対戦出来るようにしなきゃ。

  • 吉永は……2列目で見たいけど、チーム事情がそれを許さないというか……。
    あと、小野のことも忘れないでください。

  • ていうか、トップ昇格を見送った選手に改めてオファーして振られた、という経緯が問題なんだろ。
    選手は他のチームの方が成長できると感じたんだよ。
    大宮じゃ物足りなかったんでしょ。
    またまた赤っ恥。
    現実から目をそらして、自分に都合のいい言い訳ばかりで取り繕っても成長はないんだよ。
    それとも、また数年後に高い移籍金払って、戻っていただくのか?

  • 大宮 J2
    FC東京 前線の戦力考えた出場機会
    札幌も選手揃ってきたとはいえ大卒選手が海外移籍睨むならまあ納得か
    今回残念ながら小柏とは縁がなかったけど
    大宮としてはJ1復帰して選手に選ばれるチームになることだね  

  • 昔、本田圭佑って選手もユース昇格できなくて高校から違うクラブに行ったよ。別に珍しくない。よくある話し。

  • アルサポって色々言うだけで行動は起こさない。クラブと同じ。目くそ鼻くそ。共依存の関係。(笑)