元大宮アルディージャ監督:ピム・ファーベク氏が死去。

元大宮アルディージャ監督:ピム・ファーベク氏が死去したとのこと。

以下、抜粋して引用。

内容

元プロフットボール選手であり、サッカーコーチのピム・ファーベークは63歳で亡くなりました。彼はかなり長い間病気でした。

フェイエノールトやオランダ領アンティル、韓国、オーストラリア、オマーンの代表チームの監督を務め、3つのワールドカップを経験しました2月、彼はオマーンのナショナルコーチとしての地位を辞任しました。彼はその後、彼の父・クースと5歳下の弟・ロバートが密接に関連していたクラブ、スパルタの技術委員会のメンバーとなっていました。

– NOS –

大宮アルディージャ創設の1998年夏から翌99年までチームを率い、クラブ初期の歴史を作っていただいた御方です。

 

その後は各国の代表監督してキャリアを積んでいましたが…まだ若いのに残念です。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
ご冥福を…。

4 件のコメント

  • 慎んでご冥福をお祈りいたします。
    功罪あったと思います。
    特に選手の身体に染み付いて離れないなんちゃってポゼッションは、彼の指導のDNAかと。
    シュートしよう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。