高木琢也監督が語る最終節:ツエーゲン金沢戦「勝ち点3と得点3点」

最終節:アウェイ・ツエーゲン金沢戦を前にチームを率いる高木琢也監督が「勝ち点3と得点3点」にこだわるとコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

最終節の24日金沢戦へ向け、高木監督は「勝ち点3、得点3」と3にこだわることを強調した。現在3位だが、自動昇格のためには3点差以上で勝利して2位の横浜FCが引き分け以下に終わる必要がある。「3点以上取った試合が8試合あるし、できない数字ではない」と自信を見せる。「駄目でも3位。選手を信じて、開き直りが大事」と、手応えを口にした。

– スポニチ –

最後の「開き直り」ですがポイントですかね~。

 

大宮ができることは3点差で勝つこと。かといって最初からそれに縛られては、相手の術中にハマってなにもできずに終わるでしょう。監督の言う通りダメでも3位、選手たちは開き直ってリラックスした気持ちで試合に挑んでほしいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
信じるだけ…。
         

13 件のコメント

  • 良い意味での開き直り、高木監督率いるアルディージャは昇格できるよ‼

  • 色々意見があるけど最後は昇格決めそう。去年より良いチームだよ。

  • 選手は誰も諦めていない。ほんの一部のポンコツサポーターは別だけど。(笑)

  • 勝ち点3と、得点3
    期待してますよ!!
    でも本当は、前の2試合を、その内容で向かってほしかったけどなぁ

  • まぁ3位は確約されてるから、普段と違って攻めやすくはあるね。これ以上落ちようがないし。目指すだけならただだから、7点くらい目指してほしい

  • どうなるかな?狸の皮算用?もしくは自動昇格か?当然ながら自動昇格がいいでしょう。

  • 仮に3点取っても満足しないで、攻め続けていただきたい。
    すぐ妥協しちゃうんだよ。このチームは。
    横浜が点とって引き分けるケースだってあるんだからさ。