【バウル】元大宮DF:土屋征夫選手が今シーズンでの現役引退を表明。

かつて大宮アルディージャでプレーし、今季は関東1部:東京23FCでプレーされていたDF:土屋征夫選手。今季限りでの引退を発表いたしました。

以下、抜粋して引用。

内容

平素は東京23FCに格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、『バウル』こと土屋征夫選手が2019シーズンをもって引退することになりましたのでお知らせいたします。

– 東京23FC –

大宮には2006年に柏から移籍してSBとして活躍するも1年で東京Vへ移籍。その後甲府、京都と渡り歩き、昨季からは社会人関東1部:東京23FCでプレーされていました。あまり元大宮のイメージはなく、むしろ立ちはだかる存在ではありましたが、ベテランDFとして長く活躍されていたので寂しいですね。

 

今後については触れていませんが、ブラジルでの修行や多くのチームで長く現役生活を続けてきた経験を若手選手に伝えてほしいものです。

 

お疲れさまでした!

管理人のひとこと

所沢栗鼠
トミダイ選手も引退、どんどん引退するなぁ…。
         

2 件のコメント

  • 土屋と言えば田中達也の件しか思い出せない。
    ダービーでの異様なブーイング(土屋がボールタッチの度にブーイング)や、子供がいじめに逢うなど是非はともかくある程度は予想ができたはず。
    なんでフロントは彼を獲ったのであろうか。危機管理が甘すぎた。

  • バウル、まだやってたんだな。
    お疲れ様でした。
    セレモニーは他でやってね。