サッカーダイジェストにロビン・シモヴィッチが日本のサッカーについてコメント

先日発売されたサッカーダイジェスト9月26日号。FW:ロビン・シモヴィッチが自身から見たJリーグについてコメントしていました。

以下、抜粋して引用。

内容

・Jリーグと他国リーグの違い

日本以外ではスウェーデンのリーグでのプレー経験しかないから、他国のリーグとの比較は難しいが、Jリーグはチームもプレーもオーガナイズされている印象がある。特にこれといった課題は見当たらないし、ここからさらに良くなっていくだろう。日本のサッカーには輝かしい未来が待っているはずだ。

・好きな日本人選手

パッと思い浮かぶ選手はいないかな。(16年からJリーグでプレーして)日本にすごく馴染んでいるし、どのプレーヤーとも仲良くしているので、そこからひとり選ぶのは難しい。

– サッカーダイジェスト9月26日号 –

というわけで日本のサッカーには満足している模様。

 

これからも長く日本でプレーしてもらいたいものです。まずは一緒に昇格したいな~。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
次節はゴールを!
         

4 件のコメント

  • 当たり障りのないコメントだね。
    多分にリップサービスもあるのでは?
    そろそろはっきりした貢献をしておかないと、来季の保証はないからね。

  • Jリーグより欧州タイプの選手だろ。Jリーグにはお金でいるだけに感じる。