【昇格請負人】DF:櫛引一紀が加入の経緯とJ2優勝への決意を語る。

先週加入して早くも2試合フル出場中のDF:櫛引一紀。加入の経緯とJ2優勝への決意を語っていました。

以下、抜粋して引用。

内容

 櫛引は札幌時代の2011年と2016年、名古屋時代の2017年にJ1昇格を経験している。「若い選手が多いですし、そういう意味で自分が引っ張っていくというところも常にあります。プレーで引っ張っていくのが一番だと思うので、そういうところをピッチの上で見せたい、見せられたらなと思います」。自身がこれまで培ってきたものは惜しみなくチームに還元するつもりだ。見据える先はJ2の頂点。「もちろん、やるからには1番上を目指さないと意味がない」。札幌時代の2016年には自らJ2優勝を経験している。「このチームのクオリティーだったら目指せると思う」。“昇格請負人”の言葉には実感がこもる。

– ゲキサカ –

う〜ん、頼もしい。

 

ぜひ大宮で4度目のJ1昇格を一緒に果たしたいところ。

 

加入の経緯

「今年名古屋では全然チャンスをもらえていなかった。必要としてくれるチームがあるのは選手としてすごく幸せなこと。話をもらった時には行きたいと思っていて、それほど迷わずに決めました」と即断に近い移籍決定だったと明かす。

– JsGoal –

割と即決だったんですねぇ。

 

風間監督は見切ると徹底的に干しますし、さっさと補強しますからね…。畑尾といいホントありがたいわ。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
救世主。
         

3 件のコメント

  • 即戦力。既にフィット。
    さすがと言うしかない。
    名古屋の選手層にあっぱれ。だわ。