京都戦大活躍のMF:奥抜侃志「今までの試行錯誤は間違いではなかった」

今季初先発で1ゴール1アシストと大仕事をやってのけたMF:奥抜侃志。試合後に今季のこれまでを振り返ったコメントしていましたのでご紹介。

以下、抜粋して引用。

内容

高木琢也監督が就任した今季、これまでの出場は交代からの1試合のみ。指揮官の”個人指導”を受けることもあったそうで、「ボールをはたく位置、ボールを持つ位置を、口酸っぱく言われ、そこは常に考えてプレーしてきました」という。そうしたなかで、「悩んだり試行錯誤した時期があり、そこで自分がモノにしてきたことは『間違いではない』と感じられて、今日一つ証明できました」。一つの確信へ。サッカー人生のターニングポイントにもなるゴールとなった。

– サカノワ –

試合に出ていないときも必死で練習していたんですねぇ…。最近の攻撃の閉塞感を打ち破る要素をもった切り札と目されていた奥抜。見事、監督の期待と練習の成果でチームを勝利に導いてくれました。

 

次節の対戦相手の岐阜は京都と似たスタイルのチーム。2試合連続の先発があるかもしれませんね!

管理人のひとこと

所沢栗鼠
吉永、小島とユース育ちがどんどん主力に。
         

6 件のコメント

  • 練習で1番聞こえる気がするのが、「カンジ!!」の掛け声。

    先輩から愛され、鍛えられてもっともっと羽ばたけ!!!!

  • こういう存在、本当に待っていました!
    頑張れカンジ!!
    チームに良い刺激、間違いないね。

  • バクスターの直系だけあってこういうのも得意ですね。日の丸背負ってプレーしていた方から教えて貰えるのは試合。

  • 奥抜かんじ。
    とんでもない才能が現れたね。
    それを磨いて開花させたのは、高木監督。
    もちろん、戦術理解も闘魂も注入したはずだね。
    若手が出番を求めて切磋琢磨。
    次からも楽しみだ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。