DF:畑尾大翔「大崩れしていないがピンチは多いもっと改善が必要」

チームは3連勝、2試合連続決勝ゴールでノッているDF:畑尾大翔。そんなチームと自身に対し改善が必要と語る畑尾のコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

本職の守備では、「大崩れしていないだけで、後から見返してみるとけっこうなピンチだったシーンも少なくない」と改善点を挙げる。攻撃面でも、「もっとゴール前の迫力を出して、相手に対して脅威を与えていかないといけない」と指摘。今は数少ない畑尾のオーバーラップが増えていけば、自然と攻撃に厚みが加わるはずだ。勝っている中で改善すべき点を改善し、内容が向上していくことで次の勝利が導かれる。現在の結果を、そうした好循環につなげていかなければならない。「今、勝つことはもちろん大事ですけど、長い目で見てJ1で勝っていくことを考えれば、もっと追求していかなきゃいけない部分はあると思います」

– J’sGoal –

岡山戦の同点弾の直前、ロスタイム、鹿児島戦前半。相手の決定力に助けられましたが、J1であれば、どれも失点してもおかしくない危ないシーンでした。

 

J1を目指す以上、攻守とも戦う力を身に着けなければ上がっても1年で逆戻り。1年を通して突き詰めて行きたいところ。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
明日もまずは守備で頼むぞ!
         

3 件のコメント

  • 3バックの左右が機を見てオーバーラップするのが、高木戦術の特長。当然、90分間通した運動量と集中力が求められる。
    ほころびはない方がいいけど、キーパーとCBの役割も重要だね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。